読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Byakkaのきのままに

FF11に新規で復帰して、ヴァナライフに逆もどり

シャントット帝国の陰謀

ミッション シャントット帝国の陰謀

 ウィン石の区に入ったら何かイベントが始まりました。

f:id:byakka:20161203114912j:plain

Koru-Moru:

 ヨランオラン、ちょっといいかね?

f:id:byakka:20161203114939j:plain

Yoran-Oran:

 おや、コルモル博士、今日はまたどうした用件で?

Koru-Moru:

 うむ。このところまたシャントット博士の様子がヘンだと思わんかね?

Yoran-Oran:

 シャントット博士・・・? 

 はて、彼女がヘンなのは、今に始まったことではないと思うが?

Koru-Moru:

 それは、そうだが・・・、しかし今回は、いつもにまして妙な胸騒ぎがするのだ。

 なあ、シャントット博士のヤツ、ひょっとして、また何やらおかしなことを企んでるんじゃないか?

 例によって、とんでもない騒ぎになりかねんことを・・・。

Yoran-Oran:

 うーん・・・、いくらシャントット博士とはいえ、そう毎回毎回大事件ばかり起こせはしないだろう。

 今回は君の考え過ぎではないか、コルモル博士?

Koru-Moru:

 そうか・・・。なら、よいのだが・・・。

 

Yoran-Oran:

 だがその後、私たちは、自分たちがいかに甘かったか、イヤと言うほど思い知らされることになる・・・・。

 

f:id:byakka:20161203115005j:plain

Shantotto:

 間違いない。完璧ですわ・・・。

 わたくしの理論にあやまちなどあるはずがありませんわ。

 ええ、あってなるものですか!

 ついに人は、新たな一歩を踏み出す時がきたのです!

 このわたくし特製の超絶魔法が、新しい時代の幕開けとなるのですわ!

 さあ、始めますわよ。

 扉よ、ここに開きなさい!

 話が命に応じ!!

f:id:byakka:20161203115042j:plain

Shantotto:

 あら?

 こ、これは・・・?

 f:id:byakka:20161203115118j:plain

Shantotto:

 そんな、バカな・・・!

f:id:byakka:20161203115217j:plain

f:id:byakka:20161203115242j:plain

f:id:byakka:20161203115258j:plain

 それから、しばらく後・・・

f:id:byakka:20161203115331j:plain

???:

 いよいよ、わっちらの打って出る日がきたでやんすよ、おまえたち!

 立ちはだかるもの、すべてぶっ飛ばして、我が帝国が世界に君臨するのでありやんす!

 f:id:byakka:20161203115401j:plain

???:

 我ら、ドルチェ・シャントット帝国が!!

f:id:byakka:20161203115427j:plain

 ドルチェ・シャントット

 ドルチェ・シャントット

f:id:byakka:20161203115455j:plain

 D.Shantotto:

 ここはひとつ、ヤツらに目にもの見せてやろうじゃありやせんか!

 向かうところ敵なし、でありやんす!

 

 ドルチェ・シャントット

 ドルチェ・シャントット

 

 D.Shantotto:

 よござんす! よござんすよ!

 ホッホッホ・・・!

 オーホッホッホ!

**************************************

  大人気シャントット

 ログインポイントでもらえたシャントットⅡを白花ももらいましたが、シャントット様大好きです(/ω\)

 しかし、現在の白花ではシャントット帝国を進めるのは難しそうなので、楽しみにとっておきます♪

 

 

<